〜泣きなさい、笑いなさい〜一緒に花を咲かそうよ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「独学」のすすめ

<<   作成日時 : 2010/10/17 09:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ふと何の脈絡もなく「独学」のニ文字が頭に浮かびました。

思い起こせば色々と「独学」をやってきましたねえ。

小学生の頃、放課後はほとんど外で暗くなるまで
遊んでいたのですが、遊び仲間がひとりふたりと
ソロバンを習いに行きだしたので、それでは俺も何かをと
家で習字の練習を始めました。

新聞紙に「横一」を何度も何度も書いていたのを
昨日のことのように思い出すことができます。

高校卒業後、帝人に入り、大阪の茨木市にある研究所が
職場だったのですが、大きなグランドの片隅に藁を巻いた板を
穴を掘って立て「空手」の練習を始めました。

中学、高校と野球に明け暮れていたので空手は全くの初心者です。
それでも誰に教わるわけでもなく、ひとり練習をやっていましたねえ。

その帝人で最終学歴が高校以下の者に与えられる二階級特進試験が
毎年10月に行われるのですが、この勉強がまさしく独学でハードでしたねえ。

その後いすゞ自動車でセールスマンをやっていた30歳頃に
中国語の勉強を始めました。
NHKのラジオ講座を聴いたり、発音テープを買ってきて復唱したり
単語帳を作り時間があれば暗記したり、と何でもやりましたねえ。

これらの「独学」を通して感じることは、回り道をしていたり、
無駄なことに一生懸命取り組んでいたり、していたのですが
すばらしいこともやっていたのですね。それは
≪一段一段ステップアップするためにはどうすればいいかを
ひとり考えやってみてまた考える≫これを繰り返していたことですね。

つまり自然と≪創造力、自立心、忍耐力≫が養われていくんですね。
そしてもう一つ大切なことに気づきました。
≪愛着心≫が根付きます。これは大切ですねえ。

何事を成すにも不可欠なこと≪継続≫には愛着が必要なんですね。

いつも言ってることですが「営業」に必要なことばかりが
「独学」から培われるでしょ。

日本の教育界も取り入れてみてはどうかと真剣におもいますね。
「独学のすすめ」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「独学」のすすめ 〜泣きなさい、笑いなさい〜一緒に花を咲かそうよ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる