アクセスカウンタ

<<  2010年10月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


「独学」のすすめ

2010/10/17 09:06
ふと何の脈絡もなく「独学」のニ文字が頭に浮かびました。

思い起こせば色々と「独学」をやってきましたねえ。

小学生の頃、放課後はほとんど外で暗くなるまで
遊んでいたのですが、遊び仲間がひとりふたりと
ソロバンを習いに行きだしたので、それでは俺も何かをと
家で習字の練習を始めました。

新聞紙に「横一」を何度も何度も書いていたのを
昨日のことのように思い出すことができます。

高校卒業後、帝人に入り、大阪の茨木市にある研究所が
職場だったのですが、大きなグランドの片隅に藁を巻いた板を
穴を掘って立て「空手」の練習を始めました。

中学、高校と野球に明け暮れていたので空手は全くの初心者です。
それでも誰に教わるわけでもなく、ひとり練習をやっていましたねえ。

その帝人で最終学歴が高校以下の者に与えられる二階級特進試験が
毎年10月に行われるのですが、この勉強がまさしく独学でハードでしたねえ。

その後いすゞ自動車でセールスマンをやっていた30歳頃に
中国語の勉強を始めました。
NHKのラジオ講座を聴いたり、発音テープを買ってきて復唱したり
単語帳を作り時間があれば暗記したり、と何でもやりましたねえ。

これらの「独学」を通して感じることは、回り道をしていたり、
無駄なことに一生懸命取り組んでいたり、していたのですが
すばらしいこともやっていたのですね。それは
≪一段一段ステップアップするためにはどうすればいいかを
ひとり考えやってみてまた考える≫これを繰り返していたことですね。

つまり自然と≪創造力、自立心、忍耐力≫が養われていくんですね。
そしてもう一つ大切なことに気づきました。
≪愛着心≫が根付きます。これは大切ですねえ。

何事を成すにも不可欠なこと≪継続≫には愛着が必要なんですね。

いつも言ってることですが「営業」に必要なことばかりが
「独学」から培われるでしょ。

日本の教育界も取り入れてみてはどうかと真剣におもいますね。
「独学のすすめ」

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「決死・必死」。。分かりません。

2010/10/13 16:09
「決死の覚悟」だとか「必死に頑張る」とか。。
言葉は聞きますが、その覚悟なり、頑張りなりの
程度がよくわかりません。

なぜなら“死んだことがない”からです。

皆それぞれに一所懸命頑張っていますが
成果がでる人でない人がいます。

何事にも“上には上がいる”ものです。

『わたし、頑張ってますよ〜、ああ〜疲れたあ』
肩をぐるぐる回し、大きなあくびをひとつ。

社内にいて仕事をしている時ならまあいいですが
お客様と面談中にはできませんねえ。こんなこと。

「飛び込み営業」は一歩社外に出たら一切気を抜けません。
なぜなら見えるもの、聞こえるもの、触れるもの
全てがお客様だからです。

100m競走の選手がスタートからゴールまで
息をしないようなものです。

だから“頑張り“が半端じゃないんです。

この頑張りを続けるにはコツがあります。
決して『必死に』『決死の』ではありません。

≪数字≫です。数字と友達になるのです。

いつも『気持ちだ』 『ハートだ』とのたまっていますが
実は根っこにあるのは厳然たる数字なんです。

「飛び込み営業」は奥が深いねえ。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0


起業6年目にあたり。。。

2010/10/03 15:49
私が経営する会社、(有)ガイドポストもこの10月1日に
6期目をスタートすることができました。

事業内容は初期の人材紹介業から今は営業マン教育へ
変更しましたが、企業理念は一貫しています。

≪どんな小さなことにも全力で対応し、相手様に喜んでいただく仕事をする≫
ことです。

期初にあたり改めてその想いを強くしました。
そして今期(10年10月〜11年9月)開催計画の研修テーマを決めました。

1.モチベーションを上げそして持続する方法
2.お客様があなたのファンになる仕事の仕方
3.「飛び込み」を楽しみながら成果を上げる方法
4.上司から≪計算≫される営業マンになる方法
5.戦力外営業マンを1年で戦力に変える方法
6.担当部署の売上げを1年で2倍にする方法

どのテーマを「いつ・どこで・どのように」開催するかは、追ってご連絡いたします。

とはいえ、当方の活動拠点が関東圏ですので、どうしても開催場所は東京中心に
なってしまいます。そこでご提案です。
読者の方が数名以上の参加者を集めて頂ければ
ご希望の土地へお伺いいたしますので、お気軽に当社ホームページの「お問い合わせ」
からお知らせください。
参加費はお一人さま2000円を基本に考えております。

ところで研修とかセミナーとかの名の付くものは、日本中至る所で毎日のように
開催されています。しかしながらそのほとんどが講師の一方的レクチャーなんですね。
いわゆる詰め込みというやつですね。

こういうのに出席すると(なんか分かったみたい)(少し賢くなったみたい)と
思い込んでしまうのですね。
ところが1週間経ち2週間経つと受講したことすら頭から消えてしまうのです。

なんともったいないことか!お金と時間と労力が。。

ハイ!一言PRさせていただきます。
私の研修は受講者が主役です。受講者が考え、発言し、討議するものです。

エッ?『じゃお前は何をする?』ですか。
ご安心下さい。長年の経験と知恵からピリッと味付けを施しますよ。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まあ自社のPRはこのくらいにして、つくづくほんとに今のままで日本は
社会はいいのかなあと嘆き怒ることが多すぎますね。

歳を取ると怒りっぽくなると謂われますが、それだけではないと思います。。

私が子供の頃にはよく見かけました。
近所の親父が『オイッ、坊主!なにしとんねん!」
中には口より手のほうが早く、ゴツン!

エッ?見かけたんじゃなくて、ゴツンとやられたのはオマエだろって?
ハイッ、私は近所でも有名な暴れん坊でした。スミマセン。

この日常風景の中に、現在は失われてしまった大切なことが
たくさん入っていませんか?

≪人間力≫最近富に使われる言葉ですが、如何に今の社会が
病んでいるかということですね。

≪コミュニケーション力≫もしかり。
日本が経済発展してきた中で、忘れてきてしまったというか、
なおざりにしてきたための結果なんですね。自業自得です。

≪人材育成≫は言うまでもなく即効性のものではありません。
どなたかがうまいこと言っていますね、
『人材育成は漢方薬のようなもの。体質改善なんです』

正しく同感でそして私が実施する≪研修≫の根幹そのものです。
冒頭に掲げさせていただきました今期の≪研修≫(6項目)は
全てこの思いに沿って開催いたします。

まだお会いしたことがない方々と、この研修の場でお会いできることを
楽しみにしております。

さあ、また明日もガンバロ!










記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2010年10月のブログ記事  >> 

トップへ

〜泣きなさい、笑いなさい〜一緒に花を咲かそうよ。 2010年10月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる